ダイカストで使用される合金(非鉄合金)の代表的なものとして、アルミニウム合金、マグネシウム合金、亜鉛合金の3種類が挙げられます。これらはさまざまな産業分野のパーツづくりに用いられます。


貴社の製品、部品を製造される際に、ダイカストを使用された経験はお持ちでしょうか?
ダイカストを使用してみたいけれど、利点がよくわからない方、また現在、ダイカストを使用しているけれど、お悩みのある方、摂津ダイカストでは、ダイカストの利点を最大限に生かした製品作りをご提案させて頂きます。





ダイカストの金型の製作費は高価です。しかし、1つの金型で数千~数十万個の高品質な製品が迅速に生産できます。また、量産性だけにとどまらず、これまで挙げたダイカストの特性のほとんどが、現代産業のニーズである軽・少・短・薄・多様性などの条件を満たしており、それをプラスしますと、大きな経済性を発揮します。