重要な中子穴で溶湯の流れを妨害していないか。中子穴が湯流れの方向にないか確認、溶湯が激突しないよう設計し、鋳造時の大きなトラブルを避ける。