アンダーカットとなる穴や凹みはないか。それがあれば、形状を設計変更し、可動中子で抜けるようにする。