多数個取りができるか。金型費のアップや使用マシンを検討、総生産に対し総費用を最小値にする最適取り数を決める。