肉厚を一定にできるか。できる限り均一にすることで湯じわ、湯境などの発生を防ぎ、健全な製品を得る。